カマグラゴールドの効果と副作用をおさらい

カマグラゴールドの働きと副作用について

カマグラゴールドの有効成分はシルデナフィル塩酸塩
期待できる効果や懸念される副作用はバイアグラと同じですが、ジェネリックは製造過程が異なるため成分の浸透ペースによって作用の現れ方に違いが出てくる場合もあります。

バイアグラですでに効果を体感している人も、はじめてカマグラゴールドを使ってみるという人も、シルデナフィル塩酸塩の作用について確認していきましょう。

シルデナフィルの働き

シルデナフィルのおもな役目は、性器への血行促進です。
まず、勃起が起こるメカニズムからみていきましょう。

 

勃起のメカニズム

性的刺激によって脳が興奮状態になる
脳から勃起中枢に対して刺激が伝わる
体内でNO(一酸化炭素)が放出される→勃起を起こす合図
環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質が増加
cGMPの血管拡張作用でペニスへの血流が急増→勃起

 

通常であれば勃起して射精したあと、PDE5という酵素が作用します。
PDE5はcGMPを分解するので、血管が収縮してペニスがもとの状態に。
ですから勃起不全の人は、PDE5が活発過ぎたり作用するタイミングが乱れたりするため、ペニスがうまく勃起しないのです。

PDE5の働きを抑えることでスムーズな勃起を促すのが、シルデナフィルの仕事
血管が収縮するのを防ぐことで血管拡張と血流促進をサポートし、勃起へと導きます。

シルデナフィルの副作用と併用禁忌薬

シルデナフィルは血流に作用するため、起こりやすい副作用や注意が必要な病気・併用禁止薬があります。
カマグラゴールドを服用するまえには必ず確認し、体調を崩すことがないように気をつけましょう。

副作用

カマグラゴールドを飲んだあと、起こりやすい副作用は以下の通りです。

頭痛
ほてり
目の充血
鼻づまり
動悸
筋肉痛
発疹

 

血流が活性化することで起こりやすい症状、薬剤に対するアレルギー症状などですね。
いずれも大きな不調につながることは少なく、過剰に心配する必要はありません。
頭痛をおさえたい場合には、ドラッグストアで購入できる鎮痛剤を併用してOKです。

また、まれに起こる症状として視野が青っぽくなる視覚異常が懸念されます。
高血圧や低血圧、不整脈、呼吸障害、心筋梗塞などが起こる可能性もあり、気になる症状が起きた場合や副作用が長引いている場合には、医師に相談してください。

併用禁忌薬

シルデナフィルと併用することで薬それぞれの作用を高めすぎたり弱めてしまったりするリスクがある薬剤を、併用禁忌薬として定め注意が促されています。

血圧の急下降を引き起こすことがある硝酸剤一酸化炭素供与剤 、QTc延長作用を増強することがあるアミオダロン塩酸塩、cGMP を増加させて症候性低血圧を起こすおそれがあるsGC刺激剤などを服用している人は、カマグラゴールドを使用することができません。

また、

・肝障害や腎障害がある人
・出血性疾患がある人
・脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある人
・シルデナフィル(バイアグラ)に対してアレルギーの既往歴がある人

これらの人は服用禁止です。
消化性潰瘍がある人や65歳以上の高齢者も、あらかじめ医師に相談して十分な注意を払ったうえで服用するようにしてください。